水着を着るならやっぱりビキニ。毛の処理について

日本の夏は徐々に長く、そして気温も上昇し続けています。こういう温暖化が進んでいる日本だからこそ夏の海をより楽しめるようになってきました。私は身長が低く、さらに筋肉体質でもあるので水着を着ることに抵抗がありました。しかし、やっぱり可愛い水着を着て思いっきり日本の夏を満喫したいのでついに水着を買いました。安い水着でもいいのですが、ひもで結ぶタイプのものだと海の中で暴れているうちに解けてきたりしてしまうためあまりオススメはできません。せっかくの楽しい思い出ができるはずだったのに、恥ずかしくて思い出したくもない日になってしまいます。わたしは1万円前後の水着をなるべく考えるようにしています。この値段だと、サーフィン専門店やブランド物の水着ショップで十分可愛い水着が手に入ると思われます。
デザインは色や模様だけではなく、最近では形がかなり重視されてきているようです。人それぞれ好みはあると思いますが、胸が大きい人ならではの悩みと、胸があまり膨らんでいない人の悩みが共有されることはありません。胸が大きい人は実はコンプレックスを感じている方が多くいらっしゃいます。あまり見せたくないと言う方も少なくないのではないでしょうか。そういう方にオススメな水着の形はヒラヒラのフリルのついたタイプのものです。これは胸があまり膨らんでいない方にもオススメできる水着の形だと言えます。胸の形は簡単に整えることはできません。そういった方でも気にせず着れるのがこのタイプなのです。
シンプルで何もついていない水着はクールに水着を着こなすことができます。よく外人たちはこのタイプの水着を着る傾向にあると思われます。自分のボディをアピールするには十分な形だと言えるでしょう。
しかし、水着を選ぶことはとても重要なことではありますが、着こなしはさらに重要なポイントです。
どんなに可愛いくてセクシーな水着でも、うまく着こなせていなければ何の意味もありません。
水着は下着と同様でかなり露出度が高くなっています。それはボディが直接見られているということです。つまり、ボディを
整えることがうまく着こなすコツだと言えます。もちろん、ムダ毛などの処理は欠かすことは許されません。今日では、夏に向けて春から脱毛へ通うのは当たり前となっています。脱毛はすぐに効果が出るものではないので、なるべく早くから夏の用意のために行う必要があると言えます。
ボディの中で女性が最も気になるのは体型です。冬や
春にたるんでしまった脂肪はすぐに取り除くことはできません。夏のために準備をしてきた方ならあまり心配はないとは思いますが、直前にハッとしてしまった方はもはや、美容整形で脂肪吸引までを考えてしまうのではないでしょうか。しかし、その必要はなく、いつもより少し細く見せるコツが姿勢にあります。
雑誌やテレビで有名なモデルが魅力的に見えるのは体型にもありますが、姿勢にも理由があります。猫背ではなくしっかりと背中を伸ばして堂々としている女性はとても美しく映ります。そして今すぐガリ股をやめ、しっかりとした姿勢を整えることで、いつもの自分よりは大分痩せて見えます。
水着、ムダ毛、姿勢のこの3つさえ意識できていれば、いつもの自分よりもはるかに輝かせてくれます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2018年5月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:VIO

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ