膝・ふともものムダ毛が残っているとくすぐったい。裏側も

ムダ毛の処理をするとき、くすぐったい!と思ってしまう部位が、ひじ、ひざ、ひざの裏、ふとももの裏です。
処理をしていると何だか落ち着かなく、ああくすぐったい、とさっさと処理を終わらせてしまうのです。
おかげでその部位の剃り残しが大変多く、恥ずかしい思いをしたことが何度もあります。

電車に乗っていて、つり革を握っている自分の手をふと見てみると、ひじの毛がぜんぜん剃れていなかったときなど、顔から火が出てお湯が沸くんじゃないかと思いました。
そして短パンを履いていたときも、何か踏んだ感触があったので靴の裏を見たのですが、そのときひざの裏が目に入りました。
そこもまた、ちっとも処理できていませんでした。どんなに恥ずかしい思いをしたのかも知れません。

すぐにお店に走り、ストッキングを購入して買い物を続けましたが、なんというか、毛の処理のし残しは、他の恥ずかしさの分野とは全く違った羞恥心がありますね…。
毛の処理をしているとくすぐったい部位を、我慢しつつ処理しようと頑張っているのですが、どうしてもくすぐったくてギブアップしてしまいます…。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:脱毛コラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ